カテゴリー別アーカイブ: アニメ

アキバアニメブロコメ第9話

 黒子です。
アキバアニメ、「AKIBA’S TRIP –THE ANIMATION-」、
第9話のブロコメをお送りします。

 

 本年もよろしくお願いいたします。
前回の折から急に冷え込んで、1月下旬には雪が降り、
秋葉原は先週の連休明けまで寒い日が続いておりました。

 

 そんな折、つい先日に万夜架ふかめ役の浅野真澄さんと
マンガ家畑健二郎先生のご結婚報道がありました。
ご結婚おめでとうございます!

 

 さて、このブロコメは毎回記している通り、BDのオーコメと別視点。
なぜか同じスタジオマウスさんにいたのに、オーコメ収録だけは
別室で聞かなかった黒子が記しております。

 

 なお、BDDVDお品書きはここで見れますのでよろしくお願いいたします。
http://akibastrip-anime.com/products/bd/

 

 また、ANIMAX on PlayStation(アニマックスオンプレイステーション)が
12月1日に開局いたしましたので、ぜひともよろしくお願いいたします。
https://ps.animax.co.jp/lineup/akibastrip/

 

 さて、後半戦、第9話予告を振り返ってみましょう。
 Youtubeアキバニチャンネル第9話予告

 

 マジックザギャザリングさんのようなデッキが画面中央に
現われそのカード幾枚かに視線を落としていく有紗・・・、BGMや
ナレーションがシリアスならば、シリアスカードバトル対決ですね!
なんて感じですが、アキバニなので全くそんなわけがございません。

 

 副音声ではっちゃけてるんじゃないかと思うような、タモツとマヨの
掛け合いトークは、有名な遊戯王さんの名作回の名予告の
パロディですね。アフレコスタジオ反対側の調整室で聞いてた
私としましては、いつに無くなんだか超気合い入ってる!
予告録りと思いました思いました、はい。

 

 (第5話の「俺より強い奴に会いに行く!」ではないですが、
 タモツ役の石谷さんはこの日も気合いが入ってまして、
 いつもはそれを「いいなぁ」感で眺めている高橋さんが
 ノリノリで絡んでいくさまは、芝居魂すなぁと思ったり)

 

 (本編見ていただければわかるのですが、本編では
 打って変わって長久さんがこのポジションに>後述)

 

 タモツ、死す!のか、永遠にマヨのターンが続く!のか、
第9話開幕です!

 

 では、さっそくアバンから。

 

<アバン>

 

 第9話はアフレコ&ダビング(声録りと合わせ)を今から
1年少し前にしていました。12月28日と1月18日
(編集は2月16日)。もろもろこの回以外でも、
本作は時流を読んだと言われることがあるのですが、
何の予言ですか?これは?と思うことも多々ありました。

 

 (アキバニは制作が順調で、本読みというシナリオや制作の
為の会議は2016年の夏には終わっていました。
多少の直しはあるにせよ、そこから大きく手を入れて
いないので、本当に予言めいているところが幾つかあります)

 

 第9話のナレーションは小野大輔さんです。
なぜ小野さんが?と思われた方もいるかもしれませんが、
実は小野さんの最初のゲームのお仕事が「侍」(侍道シリーズの
第1作)だったようでして、その縁でご出演いただきました。

 

「侍」 http://www.samuraidou.com/series/samurai.html

 

 (アニメはアニメ、餅は餅屋ではないですが、アキバニは
アニメスタッフのみなさまに自由にやっていただこうと思っていた為、
ゴンゾさんから「ゲスト声優さんのご希望はありませんか?」と
聞かれた折には長いこと「特にありません」とお答えしていました。
唯一の例外が小野さんで、ご縁もありお願いしておりました)

 

 (後に改めて女性声優の方でのご希望は・・・、と幾度か聞かれまして、
ゴンゾさんに幾方かお伝えしたのですが、2017年冬期作品は多く、
そして録りのタイミング的に難しく無理でした。そこで改めて
アキバファンの方が喜ぶ方はいかがでしょうとお伝えしました。
ここはまた後日に)

 

 カードによって古代ローマや古代中国も決まっていたのですねえと
思いつつ、トランプさんとヒラリーさんが出てきて驚いたのですが、
本読みしていた時期は、どちらかと言えばまだヒラリーさんが優位と
言われていた、共和・民主両党が候補を決める直前で、誰が候補に
なるかはわからなかった時期だったのです。

 

 (共和党がトランプさんにならなかったら、トランプ≒切り札という
 ダブルミーニングもあったので、ちょっと絵的にも変わっていたかも
 しれませんね)

 

 さて、いつもの電マ自警団のアジト。ここまでが約55秒。小野さんに
長尺でお話しいただいた後に出てくるのは、いつになくお胸増量感を
感じる有紗。アバンがいつもより長く感じるのは小野さんの重厚感のある
声ゆえですかね。それとも有紗の胸ゆえか。

 

 有紗が始めたのは、そのカードゲームこと「バトルクリーチャー」の
開封の儀実況。アキバニが今年放映だったら、バーチャルYouTuber
アリサになって出演していたのかも。

 

 この「バトクリ」、マジックザギャザリングさんや遊戯王さんのように
パックのシリーズ名称があるようで、エボリューションオブナードの
シリーズ名ネーミングセンスに凄さを感じるような感じないような。

 

(「Evolution Of Nerd」を直訳すると、「オタクの進化」という、
なんだか身も蓋も無いシリーズ名になるのですが、
もう少し丁寧にしてみると、「オタクの展開発展」となります。
頭文字の「EON」は計り知れない幾年月、即ち「永遠」を
意味し、「オタクは永遠に広がる」という願いが込められて
いるようです。アニメスタッフさんのこういう細部へのこだわりには
楽しんで遊んで作ってることがわかっていても感服してしまいます)

 

 パッケージ絵を見ると、サイリウムを持ったナード(オタク)を
除くと、背景になんとなくビッグサイトさんに見える建物が。
そして、最上階屋上にのっているのは、マジシャンガールに
見えなくもないですが、コミケさんの昔からあるあのマークに
似ているような。

 

 (コミケットのあのマークまでネタにしたとわかった方は
 どれくらいいらっしゃるのかしら。今はComiketのCを
 大きくしたマークの方が有名ですよね)

 

 3箱開けてほぼ爆死で、有紗が文字通り仰向けで爆死している
ところに帰ってくるタモツ。開封済みパック袋に紛れて残っていた
1パックを開けると、長物サイリウム・静かなる無職
・準備会スタッフのカードが見えて、芸が細かいなあと感心したり。

 

 実は、第9話の細かい部分の話をゴンゾの現場の制作さんと
つめている時に、カードのテキストの部分は確認用にまわって
きました。その時は絵がなかったのでイメージが湧きにくかった
のですが、絵があると、やはり、わかりやすい。

 

 (「静かなる無職」のネコと「準備会スタッフ」のハッピに癒される
というかクスっと笑ってしまうのですが、スタッフはハッピ着て
たっけ?と思いつつ、「ハッピー・ナード」と同じのかと思ったり)

 

 なんか、BGMがどこかで聞いたことありそうな曲に変わって、
絵もとあるアニメで見たことありそうな髪とか襟とかに変わって、
どうしたん?と思ったら、有紗がどこかで聞いたことありそうな
高まりのある声で「タモツーっ!」と言い出し始める始末。

 

 そして、小野さんの長尺ナレーションが再び来た!と思ったら、
即カットw。また、声優さんの無駄遣いしてますです。アキバニ。

 

<Aパート>

 

 オープニングが終わると、たぶんここは「シャッツキステ」さん
ではないかしらと思うところからスタート。タモツがバトクリの
デッキ構築にご執心のところをかげさんが向かいに。

 

 シャッツキステさんでは、このようなカードゲームからアナログの
ボードゲームまでを取り扱うボードゲーム部をメイドのレイラさんが
部長として行っています。詳しくはこちらを見てみてください。

 

 「シャッツキステ 部活動」 http://schatz-kiste.net/event/club.html

 

 シャッツキステさんのテーブルにカードを広げ、少々昔話に
興じるタモツ。ここでルール環境が激変という話が出てきますが、
先ほどのトランプさんの話ではないですが、本読みは既に夏に
終わっていて、カードのテキストチェックを秋に済ませていた
状況なので、第9話オンエア3月1日の1週間前、2月21日に
現実世界で「環境が激変」となってしまって、正直とんでもなく
怖いことが起きているのか・・・、と思いました。

 

 そして、手前のテーブルから中央通り自警団の水道橋の怒鳴り
声が聞こえてきますが、かげさんは「若いうちはよくあるんだよねえ」
と妙に大人なリアクション。さっきまで、禁止カードで非公式戦ばかりを
戦い抜いてきた、と言い切る猛者ゆえの言葉なのか。

 

 更に右隣の末広町交差点側のテーブルでは、別の自警団が
似たような女の子を巡る内紛が勃発。

 

 また左隣の妻恋坂交差点側のテーブルでは、鉄道系の自警団が
鉄道ファンな感じの女の子を巡る争いに。

 

 その手前の蔵前橋通り側のテーブルでは、ネトゲ系の自警団が
ネトゲプレイヤーな感じの女の子を巡る争いに。

 

 このシーンのゲスト女性声優さんは出演順に、
みうみう CV:三森すずこさん
こにたん CV:徳井青空さん
テツ子 CV:橘田いずみさん
セイクリッド・エンジェル CV:佐々木未来さん
のご四方です。

 

 1分45秒程の尺のシーンなのですが、どの方もほぼ三言四言で、
多くは各自警団が喋っているという状況。
またまた、声優さんの無駄遣いしているのは間違いないです。

 

 秋葉原界隈で、鉄道系と言うと、ライトクリエートさんがされている
「鉄道居酒屋LittleTGV」さんが有名ですね。実際の電車の座席が
居酒屋さんの座席になっていてそれだけでも驚くお店です。

 

「Little TGV」 http://www.littletgv.com/

 

 第6話に一瞬だけ出てきた交通博物館は2006年に既に無く、
今は大宮にある扱う領域が鉄道メインになった鉄道博物館に
行かないといけませんが、秋葉原自体は伝統ある交通の要衝、
今でも鉄道系を扱っているお店も多いので探してみてください。

 

 (IMONさんやグリーンマックスさんやポポンデッタさん等
 専門店も多く、ホビー総合店も入れると20以上あります)

 

 (交通博物館のある世界線というと、「RAIL WARS!」さんが
 ありますね。こちらも第6話で出ていらしたような気がします
 アニメ「RAIL WARS!」 http://www.tbs.co.jp/anime/railwars/

 

 場所は自警団アジトに戻って、タモツの報告を聞く
電マメンバーたち。マヨが各自警団の根性無しを言い切る前に
にわかが底抜けの明るい声で「サークラってやつだよ!」と。
タモツじゃなくても「いつの間にそんな知らなくてもいいことを」と
言いたくなるくらい、なぜ知っている!?と突っ込みたくw。

 

クラマスTV後の有紗のコメも何気に胸やお腹に突き刺さります。
「女の子の扱いになれていないボーイズはちょっと気のある
そぶりを見せられただけで舞い上がっちゃうから、
手に負えないのかもしれませんねえ」
それはある意味テロですってば、有紗さん・・・。

 

 どこから出てくるんですか博士?と言いたくなる机下から、
博士が出てきて、謎のチラシをテーブルに。
博士仮眠中だったんでしょうか、としか言えない位置取り。
もしかして、アジトには更に地下があるんでしょうかね?

 

 有紗が「オタクビジネスの闇を垣間見た思いがするねー」って、
さきほどのコメとあわせて、今回の有紗は容赦が無いです。

 

 サークラの会社(この言い方もどうかと思いますが)に
行ってみたら、元居酒屋ゴンちゃんのビルw。
怪しいは怪しいけど、強制退去させてたんだ的な感慨。
それとも、オーナーは一緒で、ってオーナー自体が
バグリモノだったんじゃないかと、今思えば感。

 

 サークラ会社についたら「ようこそ、プリンセス
カンパニーへ」なんて、浮かび上がっちゃうような
大勢の声でのお迎えでしたが、実はこの手のアニメでは
幾度かありそうなこのシチュエーション、本作では
なんと1回のみでしたw(確か他は混声のはず)。

 

 (本作女性声優さんでのコール合唱1回とは勿体なす)
 (男性声優さんメインのコール合唱は幾度もあるのにw)

 

 札束風呂にブランデーグラスなワイン、そして両脇に美女。
立ち上がったのは、サークラ会社の政田池輝社長。
CVは小野大輔さんです。

 

 バトル(物理)は社長が圧勝、マヨはバットとスカートが
コマギレにされ、声にならない声をあげへたり込み。

 

 社長はバトル(カード/バトクリ)がご所望のようで、
間髪入れずにタモツが名乗りを上げます。
しかし、髪の毛や襟が巨大化&尖っていて、左腕には
謎のディスクが・・・(Bパートに続く)。

 

<Bパート>

 

 Bパートの前にもナレーションが入ります。
勿論、小野さんの美声で45秒近く。
なんとかBパートに間に合った方にも優しい構成と言えばいいのか。

 

 (アバンの部分もそうですし、Bパートナレもそうなのですが、
 オンエアよりも少し長く話していただいています。
 中田さんの時のようにセルフエコーまでもしていただきました)

 

 場所は打って変わって、第5話格闘ゲーム回にも
出てきた秋葉原UDXさんみたいなところなんでしょうか?
いや、そうでもないような?

 

 さっそく、デュエ・・・いやバトクリの開始。
「今は先行ドローは無↑い↓よ」というところはツボに入って
初見時、お腹(腹筋)が痛くなってうずくまってしまいました。

 

 (私はこのタイプのカードゲームはマジックザギャザリングの
 リヴァイスドから組だったので、今話辛うじてついていけました)

 

 ブライトアイズイケメンが出てきたときに少々謎だったのが、
「デッキから取り巻きガールを好きなだけ召喚できる」というもの。
自動的に出てきてくれているけれど・・・。

 

 さて、戦いはハッピーナード攻撃力700 vs ブライトアイズ
イケメン攻撃力2500 → ハッピーナードx3化2100が
王様ゲーム効果により、700 vs 取り巻き3体への対峙に変化 →
準備会スタッフ効果で社長の伏せカードフルオープン、
隠れ巨乳のバスト効果でハッピーナードは隠れ巨乳にロック →
タモツは強欲なガチャで手札を3枚補充し、社長は
イケメンに限る効果でブライトアイズが3000に上昇する →
(中略:無効の無効の応酬&もうひとつの効果) →
社長、童貞を殺す服の効果でハッピーナードすべてを墓地へ →
アレ、いつの間にか手番が変わってる?
いや、ターンエンドを言ってないからよくわからないだけか?

 

 そんなこんなで、タモツを守るクリーチャーはフィールドから
無くなり、ブライトアイズの直接攻撃がタモツを襲う。

 

 やったか?、そして、なん、だと?は、超名ゼリフなので、
それは他の方の解説にお任せするとして、当時ひとつ現場で
指摘しそこなったのを思い出したので記しておきます
(当時も却下された可能性はありそうなのだけど)。

 

 「なん、だと?」の後に特急料金のくだりが出てくるのですが、
特急入稿料金か特急入稿がたぶん正しいんでしょうね。

 

ただ、その時は小野さんと石谷さんの演技に飲み込まれて
気が付かなかった気がします。

 

 「・・・自分のライフを100にして、相手の攻撃を無効にする
『特急入稿/特急入稿料金』を発動していたのさ!」この方が
より笑える感じだったかもしれませんが、どうかしら。

 

 さて、この後はバトルのクライマックスなので本編をまま
見ていただくこととして、ピュアネスウィザードはやっぱり
実際のカードゲームだと召喚成功出現確定までの間に
叩かないと終わってしまうカードなんでしょうかね。
マジックザギャザリングさんで言えば、緑の窒息系のような。

 

 シャッツキステに場面は再び移り、昌平が謝って、
雨降って地固まる感に。鉄道系やネトゲ系の自警団も仲直りして
無事大団円というか元のさやに。

 

この時の他の自警団たちには、もっと活躍させたかったし、
もっと他の自警団も出したかったなと、兵頭さんが仰って
いたのを覚えています。

 

 そういえば、まだこの時点では水道橋の性別は何気に
不明だったりするんですよね。

 

<エンディング>
 第9話のエンディング曲は、
桃井はるこさんの「セカイじゅうのAKIHABARAで」。

 

 この曲もキングさんのAKIBA’S COLLECTIONから
TV90秒バージョンがYoutubeで公開されていますので、
ぜひ聞いてください!

 

「セカイじゅうのAKIHABARAで」/桃井はるこ
AKIBA’S TRIP -ANIMATION- 90Sec. Ver.

 

 

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION- ウェブサイト
http://akibastrip-anime.com/

 

アニメEDコンピレーションアルバム
「 AKIBA’S COLLECTION 」 特別ウェブ
http://akibas-collection.com/

 

AKIBA’S TRIPシリーズポータルサイト
http://akbstrip.jp/portal/

 

黒子

マンガやアニメやゲーム、雑誌や書籍の雑用やお手伝いな人。

このたびアキバアニメの雑用やお手伝いも担当。フォトなども。

MTGリヴァイスドは英語だったので第4版出るまで大変でした。

アキバアニメブロコメ第8話

黒子です。
アキバアニメ、「AKIBA’S TRIP –THE ANIMATION-」、
第8話のブロコメをお送りします。

 

だいぶあいてしまいすみません・・・。
実は灼熱の有明の時期に階段から転げ落ち、
あばらをやってしまって文字通り死んでおりました。

 

秋半ばに復帰したものの、ほどなく家族が大手術を
しなくてはならないことが判明し、そちらでもお休みしておりました。

 

さて、このブロコメは毎回記している通り、BDのオーコメと別視点。
なぜか同じスタジオマウスさんにいたのに、オーコメ収録だけは
別室で聞かなかった黒子が記しております。

 

なお、BDとDVDの種類はここで見れますのでよろしくお願いいたします。
http://akibastrip-anime.com/products/bd/

 

また、ANIMAX on PlayStation(アニマックスオンプレイステーション)が
12月1日に開局いたしましたので、ぜひともよろしくお願いいたします。
https://ps.animax.co.jp/lineup/akibastrip/

 

さて、後半戦、第8話予告を振り返ってみましょう。
Youtubeアキバニチャンネル第8話予告

 

大八車に米俵。そもそも、地下の自警団アジトにそんなものを
入れられる導線がどこにあるんだ?、そしてアキバ2の女社長を
思わせるようなそうでないような謎の女は一体何者?

 

お願いですから、家電量販店ではそういう他のお客様にご迷惑と
なることはご遠慮をお願いします、と言わざるをえない第8話
開幕です!

 

では、さっそくアバンから。

 

<アバン>

 

先ほども触れた、どうやってアジトに入れたかよくわからない
大八車withコシヒカリ一等級米を炊く為に、駅→アキバブリッジ
→秋葉原中央通りを歩く、タモツはじめデンキマヨネーズご一行。

 

秋葉原駅アトレさんのコラボは先週まで「鋼の錬金術師」さんで、
今週からは「ポプテピピック」さんになっています。毎回、年末年始は
どの作品がアトレに入るんだと気になったりしますが、この分だと
クリスマスは「ポプテピピック」さんのはず。

 

アキバブリッジ(電気街口出て右手)は、今はまだそんなに混んでは
いませんが、来週あたりから極寒の有明に向かう人々も含めて
賑うのではと思っております。C93冬コミケのカタログは既に秋葉原の
各書店さんでは絶賛発売中です。カタロムもこの週末か週明けですね。

 

秋葉原の中央通りはこの様子だと、歩行者天国の時のようですね。
秋葉原中央通りの歩行者天国は、年内は12月17日(日)が最後の
ようです。

 

(24日、31日、新年7日は年末年始の為、無い模様)

 

中央通りは画面右手奥の「ソフマップ」さんが「ビックカメラ」さんに
なってしばらく経ちました。品揃えというか傾向が池袋とかとちょっと
違っていて、外人さん向けの側面も持つビックさんになってますね。

 

今回、タモツたちはなぜか炊飯器を探しているのですが、
秋葉原で自炊というのは、実際に秋葉原に半ばいる身としては、
うらやましいような、そうでもないような。

 

実は、それこそ「つくばエクスプレス」さんができる前、
「アトレ」さんの前身の「秋葉原デパート」さんの閉店前、
2005年~2006年位前までには、午後8時以降も明るくは
なってきたのですが食べるところがあまりなかった秋葉原。

 

その頃は、炊飯器以外にも冷蔵庫やクーラーといった
白物家電と言われる家電がまだまだ元気でありました。

 

たいてい、その頃は「秋葉原デパート」さんのフードコートの
うどん・お好み焼き・お寿司・カレー・ラーメンを食べるのでもなければ、
家に帰って、それこそ炊飯器で炊いたご飯を食べていたものでした。

 

(↑の例外は第10話のブロコメでお話できれば)

 

有紗がカレーを大得意です!と言っていますが、第8話アフレコ時
有紗役の長久さんがカレーを作って持ってきてくれて、
キャストスタッフ一同驚いたのを覚えています。

 

タモツが段ボールだなというシーン、電車の高架橋が見えるので
たぶん「セガ」さんから「オノデン」さん前あたりの位置だと思います。

 

<Aパート>

 

オープニングが終わると、たぶんここは「エディオン」さんでは
ないかしらと思うところからスタート。昔は「石丸電気」さんが
ここ他にありました。

 

と思ったら、懐かしの「石丸電気」さんのCMのオマージュですね。
当時、秋葉原のエスカレーターですれ違うのが、なぜかなんとなく
おしゃれに見えたCMでした。

 

エスカレーターを上り終えて、炊飯器売り場、というか今だと
生活家電フロアにやってきたタモツたち。奥にあるのはドラム型
洗濯乾燥機ですね。

 

秋葉原、今でも爆買いは以前ほどではないですがあります。
万世橋から中央通りにかけて幾つか観光バスが止まってる時を
いまだに見かけ、「ラオックス」さん中心に賑わっていたりします。

 

ディーバ・リサ・マクマホワイトなる人物が登場しましたが、
これはあの世界的に有名なプロレス団体オーナー一族の
ご令嬢のような気がしなくもなく・・・。

 

こちらのリサのCVはしょこたんこと中川翔子さんです。
本年のアニメではDlife「ラプンツェル ザ・シリーズ」の
主役ラプンツェルの吹替も演じられていらっしゃいます。

 

(毎度のことながら、このアニメ、ある意味声優さんの
無駄遣いをしているんではなかろうか・・・)

 

『お客様、当店での格闘行為は固く禁じられております。
ご来店されている他のお客様のご迷惑にもなりますので、
これ以上騒ぐとなれば、こちらもそれなりの対応をとらざるを
えなくなりますので、静かにお願いします』

 

いや、全く仰る通りです、本当に。
実際どうなんですか?と聞かれる時もあるのですが、
「万世橋署」さんや「秋葉原電気街振興会」さん他各商店街さんの
ご尽力もあり、中でのトラブルはほとんど聞かない気がします。

 

(外については、時に勧誘等がニュースになってますね。
それこそ本当の自警団というか、自治会での見回りもするように
火の用心ふくめ秋葉原各地域では気を使っているかと思います)

 

<Bパート>

 

プロレスのあの団体のような紹介ビデオっぽい映像から
始まったBパート。こんな場所どこに?と思ったら、
アキバブリッジ手前の駅前広場ですね。

 

花火は電気街口の右手からアトレ→お寿司屋前→AKB48カフェ前かと
思ったら、花道は長いようでそんなに長くはないかしら。丁度去年の今頃、
「神田明神」さんの祭務所地下ホールで行われた、アイスリボンさんの
奉納興行的なプロレスのリングがそこに出現してました。

 

アイスリボンさんのウェブサイト→ http://iceribbon.com/

 

(10年近く前に、秋葉原にも「アキバプロレス」さんという団体があり、
アキバブリッジの先、「秋葉原UDX」さん2F AKIBA_SQUAREで
興行をされていたのを知っている方もいるかと思います)

 

電気街口広場に特設されたリングでは、実況がマストさん、
解説がかげさんとおさまりが良過ぎるお二方で早速試合が開始。

 

(CVの興津さんと中田さんは「蒼き鋼のアルペジオ」さんで親子役、
海上自衛隊さんの特別BDでも解説方とナレーション方だったので、
上記の実況と解説の並びに思わず驚きました)

 

実は最近、秋葉原では実看板からLED表示などへの切り替わりが
流行りらしく、電気街口出て左側の「セガ」さんと「オノデン」さんが
LED表示に切り替わりつつあります(オノデンさんは工事中)。

 

「アトレ」さんもLEDビジョンを付けるとしたら第8話でのこの位置に
なるのかなと最近はよく思っていたりします。

 

(正面位置となるUDXビジョンとかぶりそうですが)

 

ここからは、あの世界一有名なプロレス団体のオマージュが
ふんだんに盛り込まれる展開。日本でもカッコイイ!レスラー登場の
シーンやお約束のマイクパフォーマンスがあったりしますが、
それを超える演出とファイトが怒涛にように出てきます。

 

第4話の無線回のようにどこかのメディアさんが解説してくれて
いるといいのですが・・・、あ、おたぽるさんがありました!
ということで、プロレス部分の大ネタ小ネタはおたぽるさんで
ご確認いただければ。

 

おたぽるさんの第8話記事→ http://otapol.jp/2017/02/post-9807.html

 

プロレス、いや、リング内外での戦いも佳境となったところで、
第8話開始20分経過でやっと口を開くシ・ショウ。

 

CVは田丸篤志さん。先ほどご紹介した中川翔子さんと同じく
Dlifeで言えば、放映中「マーベル フューチャー・アベンジャーズ」の
主役のひとりアディを現在されています。

 

(オトメイトラジオのパーソナリティもされています。その美声を
ラスト3分までとどめておく、この作品は凄いとしか)

 

さて、ラストシーン、上空からの視点のカメラが引いていきますが、
実際に駅前広場に特設リングを設置するとなると、アキバニ第8話の
規模でだとなんとかできそうですね。

 

ただし、「電車の運転していない時間帯」「タクシー乗り場は閉鎖」
「アキバブリッジの下の道路は通行止め」という安全対策は
必要かなという感じではありますけれど。

 

どこかの団体がやったりしないかしら。

 

<エンディング>
第8話のエンディング曲は、
ミルキィホームズさんの「Fighting☆Dramatic」。

 

この曲もキングさんのAKIBA’S COLLECTIONから
TV90秒バージョンがYoutubeで公開されていますので、
ぜひ聞いてください!

 

「Fighting☆Dramatic」/ミルキィホームズ
AKIBA’S TRIP -ANIMATION- 90Sec. Ver.

 

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION- ウェブサイト
http://akibastrip-anime.com/

 

アニメEDコンピレーションアルバム
「 AKIBA’S COLLECTION 」 特別ウェブ
http://akibas-collection.com/

 

AKIBA’S TRIPシリーズポータルサイト
http://akbstrip.jp/portal/

 

では、またお会いしましょう!

黒子

マンガやアニメやゲーム、雑誌や書籍の雑用やお手伝いな人。

このたびアキバアニメの雑用やお手伝いも担当。フォトなども。

電気街口から中央通りは外国語の方がよく聞くかも。

アキバアニメブロコメ第7話

アニメ担当黒子です。
アキバアニメ、「AKIBA’S TRIP –THE ANIMATION-」、
第7話のブロコメをお送りします。

 

このブロコメは前回も記した通り、BDのオーコメと別視点。
なぜか同じスタジオマウスさんにいたのに、オーコメ収録だけは
聞かずに記しています。

 

DVD組のみなさん、Vol.1~.4は既に発売中です!
Vol.5は8月上旬、Vol.6は9月上旬発売ですよ。

 

さて、後半戦、第7話予告を振り返ってみましょう。
Youtubeアキバニチャンネル第7話予告

 

メイド執事居酒屋ゴンちゃん?どこにあるんだ?それ?となる、
秋葉原を知ってる方にも謎な街並み。
1Fが駐車場っぽい作りのお店はジャンク通りに、
居酒屋隣の昔ながらのお店は末広町近くに見かけるけれど、
ほんとにほんとにここはどこなんだ?

 

では、さっそくアバンから。

 

<アバン>

 

いきなりカメラアップで今回はカメラ回かと思いきや、
被写体はフィギュア。カメラは特殊な、というかポラロイドに
接写用のレンズを付けている感じでしょうか。どっちかしら・・・。

 

そういえばまもなく7月30日(土)はワンダーフェスティバルの
夏の回がありますね。メーカーさん系のブースですら一日で
回るのはなかなかに難しい膨大な数が出ていて驚きます。

 

http://wf.kaiyodo.net/

 

(デジカメのバッテリーも予備を持っていく必要がある位)
(にわかフィギュアを展示される方がいるとか見かけたような)

 

かなだパースとおおばり調?とタモツが迫力あるフォトを
撮ろうとして【ACCIDENT!】。

 

アップを撮ろうとしてレンズが接触!自警団アジトの
テーブルからフィギュアが転落!そしてクラッシュ!

 

更に運が悪いことに、ドンピシャのタイミングでそこに
妹にわかが・・・。更に更に、それはにわかのフィギュアで、
更に更に更に、にわがが泣き出した!!!妹泣かしたよ、
タモツ、どうすんの?というところで、Aパートへ。

 

この第7回、実は第3回の例のプール部分のように秋葉原では
無い部分でのお話なんですが、秋葉原から1駅2駅のところにある
大学幾つかの近くに似たようなお店があったり、秋葉原でも噂話は
聞かなくもない話だったり。監督お好きですね、こういうのw。

 

<Aパート>

 

オープニングが終わると、ギターの音とともに、にわかの追及が。
オンリーラストワン賞というと、バンプレストさんの一番くじあたりで
ゲットしたんでしょうか。にわかのプンスカ追及に、一瞬ひるむ
タモツは「オークションがある!」と言い放ちます。最近では、これ、
限りなくフラグですよねw。

 

更ににわかは、実質一点もののように大切にしていて、それは、
兄であるタモツからもらったから、という想いを兄にぶつけていたら、
兄タモツ聞いてない・・・。

 

にわかブチ切れです。更にタモツはかなだパースの話なんか
始めちゃって、妹にわかは自警団アジト出ていっちゃいます。

 

入れ替わりでマヨと有紗がお説教、謝りもしてなきゃ怒ります。
しかし、謝ったとしてもこの状況どうしようもないところは
ありまして・・・。

 

ネトオクというオークションサイトを開くタモツ、
このフィギュアはプリンファイターという名前なんですね。
プリンは有紗役の長久さんが好きな食べ物とか、
何か関連があったりなかったり?

 

場面はうってかわって、ドバイらしい場所の高層ビルにいる
石油王。オークションでゲットすると息巻いていたタモツ、
いきなりオワタ【2,000円→10,000,000円】。まさにフラグ。

 

「兄は戦わずして負けてしまった~」と言ってますが、入札0の
ところに1回入れたら、とんでもない入札があったんでしょうね。
まさに、5000倍のカウンターをくらってタモツ撃沈。

 

いつものごとくバイトを探すタモツ。そして、いつものごとく
2階がゴンゾ金融の「マシロの何でも紹介所」へ向かうことに。

 

このアングルで何でも紹介所を見ると、場所的には
今アパホテルさんが建設中のところみたいですね。
お隣には先日閉店された三月兎さんの看板も見えます。

 

この向かいに案外居酒屋ゴンちゃんの1階に少し似た
感じ?の駐車場がある場所があります。昔は、ここらへんで
ジャンクがソフトハード問わず売られていたこともあり、
幾度か手入れもあったとか。

 

(現CanDoさんとツクモ12号店さんの間のビルです)

 

ゴンちゃんで社長さんと面接。タモツの履歴書を見ると、
1998年生まれ。小中は荻窪近辺で暮らし、高校はたぶん
秋葉原近辺の高校なんでしょうね。

 

以前、第4回の時にご紹介しましたが、昔は内神田に
東京電機大学というところがありまして、それがモチーフ
ですかね。

 

ちなみに千代田区外神田の郵便番号は〒101-0021です、
タモツさん・・・。

 

社長さんのお声は昨今では大河ドラマ「真田丸」に出演し、
7月AXNでシーズンフィナーレの「タイムレス」ルーファス役と
個性的なボイスで人気のある高木渉さんです。

 

タモツの受け答え秀逸ですねw。執事やメイドが好きで、
かつ居酒屋経営に興味があるなんて、どこまで本当か、
社長さんにバレてるバレてる。

 

高時給のこと聞かれて、メイドとかより重要だよね、と
心を見透かされてしまうわけですが、採用決まってひと段落。

 

(よほどおかしくなければ来た人は基本採用というのも
怖いですが・・・)

 

お金以上に大事なことがある、と言われ、ちょっと怯える
タモツ。ま、実際世の中で働くということはそういうことなの
ですが、なんだかちょっと怖い感じですよね。

 

実はこの社長さん、モデルはゴンゾの石川社長だそうです。
どっからどこまでをモデルにしているのかはわかりませんが、
2015年の秋から季節に1回位、計6,7回しかお会いさせて
いただいていないのですけれども、それでもとてもそっくりに
感じます。冗談抜きで。高木さんの声も非常にマッチして
怖いくらい。

 

(リアルの石川社長はアニメより引き締まっていて、
イケメン系経営者です。しかし、高木さんが声を
あてているはずなのに、石川社長が思い出されて、
監督が凄いのか、高木さんが凄いのか、石川社長
自体が凄いのか・・・)

 

一日目。

 

居酒屋ゴンちゃんの中。執事さんやメイドさんが
今日のオープンの準備をしていますね。店の中の
お品書きには、監督やプロデューサーや制作さんの
お名前もちらほら見てとれたりw。

 

高木さんCVの社長も無論そうなのですが、執事リーダーや
メイドリーダーもなんだか凄いアキバニ。CVはランズベリー
アーサーさんと原紗友里さん。

 

執事リーダー二四時労役のランズベリーアーサーさんは
過去に執事喫茶で働いたこともあるそうでして、思わず、
「えぇー、いやいや、ゴンちゃんはそんないいお店じゃないのに、
またまた凄いキャスティングを」と香盤表(その回毎のキャスト
一覧他が書かれた表)が届いたアフレコ前日、
声が出てしまいました。

 

原紗友里さん演じる、祝日土働の胸ばかりに目が行くタモツ
ですが、【二四時労】と【祝日土働】、この2つのネームプレートを
見た時点で全く不思議に思わないのは、アドベンチャーゲームだと、
次の部屋で即トラップにはまって死亡!な感じの鈍さな気が。

 

「接客の五大用語を唱和いたします!」

 

二四時労役ランズベリーアーサーさんのよく通る声で言われ、
気圧されるタモツですが、これ自体はそんなに珍しいものでは
ないかな、と。接客系のお店だと来店時お帰り時に声が出てないと
お客様が怪訝に思われるので、朝礼時に揃ってやるところが
多いかと思いますよ。

 

(とあるゲーセンでバイトした折に唱和したことがあります、
アキバニにも出てくる系列複数のお店で。とはいえ、次のは
さすがに無かったような・・・)

 

タモツが接客用語の唱和にミスって怒られてるところに
現れる社長。現れる社長。社長が【今日の目標!】と始めるとみながみな手を
挙げて指名してもらおうとする光景にタモツは恐怖を感じだすも
飲み込まれていき・・・。一日目終了。

 

二日目。

 

居酒屋ゴンちゃんの左側にじゃんぱらさんらしい看板が
見切れているのですがやっぱりどこだかわかりません。
手前に信号用のポールがあるので本当どこらへんあたりか
謎ですね。

 

ありがとうと言われることに、ひとりの人として認められて
いると実感が沸いて、それが徐々に浸潤していくタモツ。
それは、はたして幸福の支配領域の事象なのか。

 

(とはいえ、ポラロイドで修正が行えるなんて、
タモツさん、間違いなく神の手もってます)

 

しかし、二日目でハート2つ目と胴上げって、
それってなんだか凄いを通り越して怖い・・・。

 

<Bパート>

 

時は経ち・・・。

 

というか、一週間近く経ったみたいで、
週払いのお給料の話をしてるみたいですが・・・?

 

(ちなみに、働く側に誤解させるような給与説明が
あると、本来は労働基準監督署からお問い合わせが
あります、例えば「独自の給与が~」みたいな表記とか)

 

いっぱい「ありがとう」と書かれた紙(謝給)をもらったタモツは
また胴上げをされて、夜勤に突入?帰れないようですね。

 

そんな時、にわかが自警団アジトにやってきて、
兄タモツと仲直りしたいとマヨと有紗に話し出します。

 

にわかの心の中の思い出が、タモツの人生一発逆転
テクニックの話や不労所得の話、ラノベの話、そして
その中で妹想いであることが改めて思い出され、
恥ずかしい兄でありながら愛する兄であることも・・・。

 

時を同じくして、タモツは無理がたたってか、ミス頻発。
メイドリーダーから「タモツ君はもっとできる」と言われ、
またまた胴上げで精神的には回復?しちゃいます。

 

翌日、マシロが紹介所の前でのびをすると、
タモツがチラシくばりをしてるところに遭遇。
条例に抵触するよと注意をしようとしたら、
タモツは全くそんなことは聞かずに「ありがとう」が
いっぱい記された紙を渡してくる始末。

 

(アキバのある千代田区にもいわゆる客引き防止
条例というものが存在します。要は嫌がる方を
無理にお店に連れて行ってはいけなく、逮捕もアリ)

 

タモツはその後、本日の目標!ではその指名を受けようと
床に頭をこすり付ける、ドリンクおかわりのオーダーを予測し
オーダーの声の瞬間におかわりジョッキを持ってくる、キャベツ
50皿のオーダーに敢然と立ち向かう、しまいにゃ来月の出勤日
休み無しでシフトに入ると宣言申告する、というヤバイとしか
言えないデススパイラル状況。しまいにゃ、秋葉原タウン誌の
1UPさんにとてもやつれ充実姿で見開きでのってしまう・・・。

 

それを見た、にわか・マヨ・有紗がゴンちゃんを強襲、
いつもの戦闘に、と思ったら。メイド姿のタモツが接客。
にわかの平手打ち+バットが一閃、タモツを正気に。

 

そのキーワードは「不労所得」。って、いいのか「夢」それで。

 

「いい素材だったんだがなあ、17連勤止まりだったか」

 

社長・・・、17連勤は月火水木金土日月火水木金土日
月火水ですよね、それも立ち仕事だし、すぐ近所なのに
自宅帰って寝てないし、普通は壊れちゃいますよ。
自宅に帰ってても、普通15日目はもう狂気が見えてる
はずかと・・・。

 

「人件費を減らし、安いメニューを提供し、胃袋からアキバを支配・・・」

 

一見、まともそうなお話ではありますが、安易に人件費を
削るとするなら、そりゃそれで洗脳するしかない・・・?

 

というわけで戦闘パート。あっさり脱衣させまくりですが
倒れない!そこはそれ、社長は上級バグリモノでも
執事やメイドは特にバグリモノ化されてるわけでもなく、

 

「こいつら洗脳されているだけのただのバイトだ!脱がしても意味ないぞ!」

 

とゾンゾンゾンゾン、ゾンビのように囲まれていく。

 

(上級バグリモノの術で執事やメイドを下級バグリモノに
するのは、もしかして洗脳より、効率が悪い?)

 

とはいえ、有紗の「物理的」排除でなんなく社長以外は
取り除くものの、その社長はなんと、にわかを人質にした上、
焼き鳥の串で自分の盾として縫い込んでしまう始末。

 

にわかが助けられない・・・。その、刹那、一瞬、意を決した
タモツは妹にわかを脱がし上方に放り上げ、同時に社長も
脱がし、にわかをメイド服でくるみ、社長消失。

 

(にわかも脱衣されちゃいましたね、それも兄タモツに)

 

「日が沈む前に帰れるなんて最高だ!」

 

仰る通りです、タモツさん!妙な言い方になりますが、
最近の秋葉原の勤め人は、秋葉原のお店が開店する前に
出社して、お店が閉店した後に帰ることが多いんですよ。

 

だから、アキバらしいアキバを平日見て帰れる機会は
多くはないので、このセリフがなんだかとても染み入ります。

 

(昔、夜8時には真っ暗だった秋葉原でもそうだった
らしいので、夜遅くまでやってるお店が増えても
そうということは・・・、あれ?)

 

<エンディング>
第7話のエンディング曲は、中川翔子さんの「恋に新参!」。
ロックなシング&ソングで後半たたみかける展開に、
レディビアードさんが客演でデスボイスのシャウトを披露。
「一件落着ゴ用心」の串田アキラさんの司令官調客演ともまた違い、
デスボイス連打の客演が支援砲撃になってるようで小気味いい
広がり感がある曲です。
大槻ケンヂさんの歌詞にもぜひご注目を!

 

この曲もキングさんのAKIBA’S COLLECTIONから
TV90秒バージョンがYoutubeで公開されていますので、
ぜひ聞いてください!

 

「恋に新参!」/中川翔子
AKIBA’S TRIP -ANIMATION- 90Sec. Ver.

 

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION- ウェブサイト
http://akibastrip-anime.com/

 

アニメEDコンピレーションアルバム
「 AKIBA’S COLLECTION 」 特別ウェブ
http://akibas-collection.com/

 

AKIBA’S TRIPシリーズポータルサイト
http://akbstrip.jp/portal/

 

では、またお会いしましょう!

黒子

マンガやアニメやゲーム、雑誌や書籍の雑用やお手伝いな人。

このたびアキバアニメの雑用やお手伝いも担当。フォトなども。

本郷三丁目の居酒屋ビルにはだいぶお世話になりました。