カテゴリー別アーカイブ: アニメ

前回の補足

 黒子です。
前回のブロコメでふれたお店でURL等のあるお店様他の
URL他をご紹介しておきますね。(ブロコメ紹介順)

 

<お食事処>
 ・ベンガルさん http://sutadonya.com/
 ・キッチンジローさん http://www.kitchenjiro.co.jp/
 ・九州じゃんがらさん http://kyushujangara.co.jp/
 ・スパゲッティーのパンチョさん http://naporitanpancho.com/
 ・麺屋武一さん http://noukou-torisoba.com/
 ・野郎ラーメンさん http://yaroramen.com/
 ・牛之宮さん https://ushinomiya.owst.jp/
#ラホールさんとらーめん影武者さんは食べログさん他をご覧ください

 

<カフェ・ショッピング・ランドマーク処>
 ・シャッツキステさん http://schatz-kiste.net/
 ・カールスジュニアさん http://www.carlsjr.jp/
 ・ツクモさん https://shop.tsukumo.co.jp/
 ・秋葉原Heyさん https://twitter.com/Taito_Hey
 ・富士無線さん http://www.fujimusen.com/
 ・アルタクラッセさん http://www.altaclasse-store.jp/
 ・アニメイトさん https://www.animate.co.jp/
 ・らしんばんさん https://www.lashinbang.com/
 ・アキバギルドさん http://akibacc.com/
 ・れんが社さん http://www.ren-ga.co.jp/
 ・ショップインバースさん https://www.shop-inverse.com/
 ・カミカゼスタイルさん http://www.kamikazestyle.com/
 ・ねこ・JaLaLaさん http://www.nekojalala.com/
 ・カフェメイリッシュさん http://www.mailish.jp/
 ・日本聖公会神田キリスト教会さん http://www.nskk.org/tokyo/churchs/kanda
 ・ミスタードーナツさん https://www.misterdonut.jp/
 ・ベルサールさん https://www.bellesalle.co.jp/
 ・芳林公園さん https://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/koen/003.html
 ・ニッピンさん(神田店に拠点を移して営業中) http://www.nippin.net/
 ・福尾商店さん(神田須田町) http://fukuo-shouten.keeping.jp/

 

黒子

アキバアニメブロコメ第10話

 黒子です。
アキバアニメ、「AKIBA’S TRIP –THE ANIMATION-」、
第10話のブロコメをお送りします。

 

 アキバニの放映から1年が経ち、そろそろGWこと
ゴールデンウィークですね。銀河英雄伝説さんや
ルパン三世さん始めとして、世界線が変動したかのような
今年の春アニメだけでなく、第7シーズンスタートとなった
孤独のグルメさんも楽しんで見ている今日この頃です。

 

 最近の秋葉原は暖かくなったかと思ったら冷え込んだりで、
花粉に加え温度差でもここ最近きついかなあと思ったり。
もう少しは軽い上着が必要かもしれないですね。

 

 さて、このブロコメは毎回記している通り、BDのオーコメと別視点。
なぜか同じスタジオマウスさんにいたのに、オーコメ収録だけは
別室で聞かなかった黒子が記しております。

 

 なお、BD DVDお品書きはここで見れますのでよろしくお願いいたします!
 http://akibastrip-anime.com/products/bd/

 

 また、ANIMAX on PlayStation(アニマックスオンプレイステーション)が
開局していますので、ぜひともよろしくお願いいたします。
 https://ps.animax.co.jp/lineup/akibastrip/

 

 更に、dアニメストア ニコニコ支店も開局しておりますので、
こちらもぜひよろしくお願いいたします。
 http://www.nicovideo.jp/watch/1507152999

 

 さて、後半戦、第10話予告を振り返ってみましょう。
 Youtubeアキバニチャンネル第10話予告

 

 シャッツキステさんのクッキーに添えて置かれるティーカップ、
タモツがフランクに話しかける後ろ姿の人物は一体誰なのか?
マヨは引き続きカールスジュニアのハンバーガーを食べ続ける。
定食?チャーハン?倒れた水道橋の口元にはラーメン?
そして、吸引?されるマヨ。更には積み重ねられるドンブリ?

 

 孤独のグルメならぬ秋葉のグルメなのかは、いつもの
ことながらフタを開けてみるまでわからない、アキバニの
第10話開幕です!

 

 では、さっそくアバンから。

 

<アバン>

 

 第10話は新年最初の録り(アフレコ)でした。
制作が順調なこともあり、第1話オンエア後の初アフレコが
この回となりました。

 

 この1週前にやる可能性もあったのですが、まさにお正月
でしたのでお正月休み。そこにグルメ回らしき回を突っ込む
アキバニは考えられた進行というか、偶然というか、
毎度のことながら、よくわからないw。

 

 いつもの部屋というか、自警団アジトのタモツルームのカーテンを
ほぼ全く遠慮なく開けるマヨ。よく見るとわかるのですが、タモツは
ソファで寝起きしているみたいですね。身体のあちこちが痛くなる気が
しますが、若いから大丈夫なんでしょう。たぶん。

 

 そこに今日は西部劇風な感じのコスで、タモツがでかけている
ことを伝える有紗。このコスが何か今回のヒントになるのか否か。
あえて突っ込むならカウボーイじゃなくてカウガールです有紗さん。

 

 場面は変わってシャッツキステさん。タモツはここで、昔からの
友達とお茶しているみたいです。ここで2秒程横を通られたのは
シャッツキステのメイド長エリスさん。

 

 当時の資料を見ると、エリスさんは3話から登場の予定で
キャラクターデザインが起こされているのですが、アップ目での
登場をこの10話でははたしています。

 

 さて、友達との楽しい語らいが進む中、タモツのなにかが
なにかを察知します。もしやバグリモノか?と思うものの、
ただ単純に「友達に彼女ができた事実」を受け入れられない、
タモツの防御反応が視覚を・・・。

 

<Aパート>

 

 いきなりテルミンの演奏から入るAパート。それもタモツが
そらでテルミン演奏をできているという何気に凄いテクを
持っている事実。

 

 「くだらねえことじゃねえ!」とマヨ・にわか・有紗に、
(いや、マヨ単体に)突っ込むタモツ。その瞬間、見えたのは、
かの有名な恋愛ゲームにも見えなくもないポスター。

 

(5話いや2話リンクネタですかね、いや、まあ、確かに、
マヨは赤い髪ではありますが)

 

 「彼女!?」とマヨ・にわか・有紗の三人娘に言われて、
友達に彼女ができたことを当たり散らすタモツ。みっともないと
思いはするものの、当たれる相手がいるだけうらやましいですよ、
タモツさん。

 

 有紗からは、異性恋愛に興味が無いと分析され、にわかには
ショックだったのねと追い打ちをかけられ、マヨが更に追い落としに
「私たちじゃ彼女にならないもんね」と言葉を発したと思ったら、
「あぁ・・・」と素の回答でマヨを返り討ちするタモツ。

 

 天然で邪気がないったらありゃしない。ちなみにタモツさん、
赤い髪のマヨって女の子が空から降ってきてましたよ、第1話で。
専用のロボットというのはあれですかね、天空の高いところに
ある島のような城で肩に乗せてくれるロボットとか。

 

(ぴゅう子のことを覚えてるのか忘れてるのかも謎ですが)

 

 更には、パトロールと彼女がとても重要であることを強引な理論、
ではなく、感情吐露で語りだす始末。これにはまにあ~ず三人娘も
あきれるを通り越して、同情してやんよ的な空気に。

 

 にわかが兄タモツを誘惑する(本当にすると、それは別のアニメに)
ふりをして、さらにはそれに同調した有紗がタモツを誘惑するふりを
して、マヨをけしかけ(って、いや、それで、釣られるマヨもどうかと)、
いつの間にか・・・。

 

 「練習・・・、それなら、マヨとデートしてもいいか・・・」何気に
とんでもないこと言ってませんかねタモツさん。それに「彼女になんて
なる気ないから!」と、全力かつ顔真っ赤で言うマヨももうねw、と。

 

 2人で出てきたのは、裏通り、メイドさん通りとも言われる、
中央通りの1本東に入った通り。奥の高架は中央総武線各駅停車の
高架橋ですね。右にはツクモさん、左にはタイトーのHeyさんが
見えます。横からのカットに変わってからは、4話で登場した
富士無線さんとアルタクラッセさんらしい絵も奥に見えます。

 

 LINEさんらしいチャットが入って愕然とするマヨ。いや、そのチャット
内容で愕然とする必要も(SEも)無いと思うのですが、そこは破族で
人ではないマヨ、喜ばせ方がわからない・・・のでしょう、たぶん。

 

 追跡&尾行するにわかと有紗はアニメイトさんのはす向かいに
いますね(今は1Fはらしんばんさん)。実は、ゲーム1作目での
初期最強装備となりうる食べ物がここらへんで手に入ったような記憶が。

 

 マヨがオススメアキバグルメを教えてくれることになりましたが、
最初に来たのは外神田3丁目にある日加石油ビルさんですね。

 

 ここには幾つかのメイドカフェさんやアキバギルドさんの
オフィス、「大東京トイボックス」でご一緒したみさくらなんこつ先生の
所属されるれんが社さん、秋葉原の代表的な喫茶店のひとつ
PLACEさんとカレーのベンガルさん等が入っていました。

 

 不思議に思われるかもしれませんが、南西側のショップ
インバースさんと伝説のすた丼さんの裏手奥隣は繋がっている
といいますか、ひとつのビル日加石油ビルさんなんですね、ここ。
それも、歴史のあるビルでして、昨年立て替えの為、閉鎖と
なりました。

 

(GW明けの5月14日より解体工事が始まる模様です)

 

 昨年、8月に一時閉店したベンガルさんは、今年3月16日に
芳林公園近くの丸山ビル(外神田3-6-1)へ移転して改めて
オープンしました。

 

(カミカゼスタイルさんとねこ・JaLaLaさんとカフェメイリッシュさん
の間あたりです)

 

「ベンガルさんウェブサイト」 http://www.bengal-curry.com/

 

 ビーフ角切りカレーはルーが濃い目の時が私は好みだったり
します。シナモン入りラッシーも美味しいですが、ぜひマサラティー
(チャイ)も味わってみていただけるといいかと思います。

 

 地図的に日加石油ビルと同じ番地の外神田3-10には同じく
老舗カレーのラホールさんもあります。ラホールさんはコール
スローサラダがオススメだったりしますね。ここは外神田店なの
ですが、昭和通りの方に秋葉原店、新御徒町駅のそばには
御徒町店があり、各店毎のメニューもありますよ。

 

 マヨの「次行こう、次は」で驚いたかもしれませんが、2軒目です。
更に、実はよく見るとベンガルからほぼ0秒というかお隣、中華の
雁川さんです。すぐお隣なので、ここも外神田3-10になります。

 

 ベンガルさんも雁川さんも初めて入るのは何気にハードル高い感は
あるかもしれませんが、一度入れば、そのメニューの深みにはまると
思いますよ。雁川さんは週替わりメニュー他をツイートもしています。

 

「雁川さんツイッター」 https://twitter.com/gansen0141

 

 マヨとタモツが雁川で食べたのは週末限定の牛すじチャーハン。
他にも週替わり日替わりのチャーハンがあったり、チャーハンだけ
でなく、週替わり麺もあったりします。

 

(私のオススメはレギュラーメニューの生姜焼きチャーハン)

 

 一瞬映っているのに気がついた方もいるかもしれませんが、
ご近所の日本聖公会神田キリスト教会さんのシスターさんも
お食事に来られていたりします。

 

(外神田3-10にはこれも有名な伝説のすた丼さんがあります)

 

 更に更に驚くのは3軒目に行ってしまうこと。予め注意をして
おきますが、ベンガルさんの後に雁川さんに行くのであれば、
両方とも大盛にするのはだいぶ危険です。3軒目行く前に、
というか動くのもしんどくなるかと思います。

 

 さてさて、3軒目は雁川から南西へ100メートル程の
キッチンジローさんに向かうわけですが、この間にも、九州
じゃんがらさん、スパゲティーのパンチョさん、麺屋武一さん、
野郎ラーメンさん、焼肉牛之宮さんがあります。

 

 四半世紀前、夜8時を過ぎたら真っ暗だった時代には考えられ
ない位の食糧事情充実度の秋葉原。

 

(その名残があるのは、意外に思われるかもしれませんが、
中央通りにあるミスタードーナツさん、ここはきっちり19時に
今でも閉まります)

 

 キッチンジローさんではカティが先に食べていたようですね。
メイドさんがいるのはあまり見たことはありませんが、場所が
ベルサールさんの裏手やオフィスビルが増えたということも
あってか、最近は女性客を案外お見掛けする気もします。

 

 キッチンジローさんは基本的にフライがメインで、
中で食べる時と、お弁当にしてもらう時ではちょっと違います。

 

 中で食べる時はおかず2品チョイスだとスープがついて
800円後半から900円後半位。お弁当にしてもらう時は
スープはつかずに600円後半から700円後半位。

 

 その為、それなりにがっつりいきたい方にはオススメです。
おかずの増量もアラカルトでできますよ。

 

 とはいえ、既にがっつり食べ過ぎだろうというタモツとマヨ、
さすがにタモツは無理で、マヨはチキン南蛮(!)とメンチカツ、
これまたヘビーなおかずをチョイスしてますね。

 

「キッチンジローさんウェブサイト」 http://www.kitchenjiro.co.jp/

 

(おかず1品のお弁当でいい場合は秋葉原アトレ1Fに500円
から600円ほどであります)

 

 この3店を制覇した上に、にわかによれば【更に4店】に
行ったと言われていますが、カフェ系で落ち着いたのでなければ、
それはまさにごちそうさまの向こう側の世界な気が・・・。

 

 芳林公園ですね。アキバズトリップシリーズでも何かと落ち着く
この公園。ここで、マヨの回想シーンが入りますが、実はこの
芳林公園、関東大震災後の震災復興公園として整備された公園です。

 

 なので、震災復興公園であるという話を知っていると、マヨって
100歳超えてる・・・?となるのですが、そこらへんの話はおいおいで。

 

 そして、更に別のお店へ行こうとするタモツとマヨ。
行くはラーメンの「影武者」さん。着くなり中央通り自警団の
水道橋が飛び出してきて、ハカセがなんとかしろと言う始末。

 

 何が起きているのかと思えば、フードソルジャーに
道場破りならぬお店破りをされてる状況。タモツが止めようと
するものの、フードソルジャーのブラックホール黒田は
フードファイトをけしかける!

 

 なんと、それを受けたのはタモツでなくマヨ!

 

 ブラックホール黒田のCVは、魁!!クロマティ高校の前田彰役、
ジパングの角松洋介役、ガンパレード・オーケストラの谷口竜馬役、
今期の銀河英雄伝説ではフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト役の
稲田徹さんです。

 

(アキバニは何か絶対声優さんの無駄遣いしてる気が・・・)

 

<Bパート>

 

 クラマスTVが生中継的にTVチャンピオンさんのような
フードファイト番組を始めて、大食い大会が開始!

 

 Aパートがだいぶ長くなったので、Bパートは短めにと
思いますが、基本的にここからは芳林公園内の特設
ステージで話は展開します。

 

 芳林公園では季節のイベントなども行われていて、
夏には納涼祭も行われているので、行ってみるのも
いいですよ(普通に夜店や盆踊りをやっていたりします)。

 

(芳林公園 https://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/koen/003.html

 

 Bパートはマヨのフードファイターネーム「バキューム万世架」も
凄いのですが、ハカセが瞬間製氷機を持ってるのも超ご都合
主義で凄いし、更には、マスト役の興津さんの実況ボイスが凄い、
というか熱過ぎます。

 

 そんな実況ボイスに聞きほれていると、勝負は決着し、
マヨが勝利。しかし、黒田は負けを認めず、自らをメトロチカの
刺客と宣言し、公園一帯のすべてを飲み込もうとカービーさんも
上回るような吸引力で吸い込み開始。

 

 なぜか、にわか・有紗・ハカセ・水道橋のスカートx3と
アーミー調モスグリーンデニムまで吸引され脱げていく始末。

 

(ここで水道橋は男の娘ではなく、女の子だと
なんとなく理解できました。2話では正直わからず・・・)

 

 タモツがここで機転をきかせ、ハカセが持ってた
瞬間製氷機を黒田に投げつけ、黒田が吸い込み
氷結化が始まったところを、マヨが黒田を脱がして
フライアウェイ。

 

 脱がした数瞬の後、そこには黒田はいなく、衣服と
麺だけが残っていました(落語のそば清の落ちですね)。

 

 ラスト前カットはベルサールさんとニッピンさんの
間の道路を中央通りをバックにしてタモツ・マヨ・にわか
有紗・ハカセが進んでいきます。

 

 ここより北側は普通の民家も残っているエリアです。
惜しまれつつ閉店した、登山用品のニッピンさんと
とんかつの富貴さんもあったりします。

 

 「豆かん食いてぇ~」とマヨと末広町方面に駆けていく
タモツですが、実はこっちの方面に豆かんのあるお店は
今は無く、行くとすれば神田須田町の福尾商店さんに
なるのではないかと思います。

 

(昔、あったような気はするのですが黒子も覚えてなく)

 

(全話収録後しばらく経ってのイベント時、タモツ役の
石谷さんに豆かんを差し入れたら、おいしいおいしい
言って食べていただけて、イヤホンズさんから「私の分も
あげるよ(マヨ調)」的に渡されてたの思い出しました)

 

<エンディング>
 第10話のエンディング曲は、
petit miladyさんの「空腹からやりなおせ!」。

 

 この曲もキングさんのAKIBA’S COLLECTIONから
TV90秒バージョンがYoutubeで公開されていますので、
ぜひ聞いてください!

 

「空腹からやりなおせ!」/petit milady
AKIBA’S TRIP -ANIMATION- 90Sec. Ver.

 

 

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION- ウェブサイト
http://akibastrip-anime.com/

 

アニメEDコンピレーションアルバム
「 AKIBA’S COLLECTION 」 特別ウェブ
http://akibas-collection.com/

 

AKIBA’S TRIPシリーズポータルサイト
http://akbstrip.jp/portal/

 

では、またお会いしましょう!

 

黒子

マンガやアニメやゲーム、雑誌や書籍の雑用やお手伝いな人。

このたびアキバアニメの雑用やお手伝いも担当。フォトなども。

ベンガルさんと雁川さんは本当にお隣で0分移動なのでした。

アキバアニメブロコメ第9話

 黒子です。
アキバアニメ、「AKIBA’S TRIP –THE ANIMATION-」、
第9話のブロコメをお送りします。

 

 本年もよろしくお願いいたします。
前回の折から急に冷え込んで、1月下旬には雪が降り、
秋葉原は先週の連休明けまで寒い日が続いておりました。

 

 そんな折、つい先日に万夜架ふかめ役の浅野真澄さんと
マンガ家畑健二郎先生のご結婚報道がありました。
ご結婚おめでとうございます!

 

 さて、このブロコメは毎回記している通り、BDのオーコメと別視点。
なぜか同じスタジオマウスさんにいたのに、オーコメ収録だけは
別室で聞かなかった黒子が記しております。

 

 なお、BDDVDお品書きはここで見れますのでよろしくお願いいたします。
http://akibastrip-anime.com/products/bd/

 

 また、ANIMAX on PlayStation(アニマックスオンプレイステーション)が
12月1日に開局いたしましたので、ぜひともよろしくお願いいたします。
https://ps.animax.co.jp/lineup/akibastrip/

 

 さて、後半戦、第9話予告を振り返ってみましょう。
 Youtubeアキバニチャンネル第9話予告

 

 マジックザギャザリングさんのようなデッキが画面中央に
現われそのカード幾枚かに視線を落としていく有紗・・・、BGMや
ナレーションがシリアスならば、シリアスカードバトル対決ですね!
なんて感じですが、アキバニなので全くそんなわけがございません。

 

 副音声ではっちゃけてるんじゃないかと思うような、タモツとマヨの
掛け合いトークは、有名な遊戯王さんの名作回の名予告の
パロディですね。アフレコスタジオ反対側の調整室で聞いてた
私としましては、いつに無くなんだか超気合い入ってる!
予告録りと思いました思いました、はい。

 

 (第5話の「俺より強い奴に会いに行く!」ではないですが、
 タモツ役の石谷さんはこの日も気合いが入ってまして、
 いつもはそれを「いいなぁ」感で眺めている高橋さんが
 ノリノリで絡んでいくさまは、芝居魂すなぁと思ったり)

 

 (本編見ていただければわかるのですが、本編では
 打って変わって長久さんがこのポジションに>後述)

 

 タモツ、死す!のか、永遠にマヨのターンが続く!のか、
第9話開幕です!

 

 では、さっそくアバンから。

 

<アバン>

 

 第9話はアフレコ&ダビング(声録りと合わせ)を今から
1年少し前にしていました。12月28日と1月18日
(編集は2月16日)。もろもろこの回以外でも、
本作は時流を読んだと言われることがあるのですが、
何の予言ですか?これは?と思うことも多々ありました。

 

 (アキバニは制作が順調で、本読みというシナリオや制作の
為の会議は2016年の夏には終わっていました。
多少の直しはあるにせよ、そこから大きく手を入れて
いないので、本当に予言めいているところが幾つかあります)

 

 第9話のナレーションは小野大輔さんです。
なぜ小野さんが?と思われた方もいるかもしれませんが、
実は小野さんの最初のゲームのお仕事が「侍」(侍道シリーズの
第1作)だったようでして、その縁でご出演いただきました。

 

「侍」 http://www.samuraidou.com/series/samurai.html

 

 (アニメはアニメ、餅は餅屋ではないですが、アキバニは
アニメスタッフのみなさまに自由にやっていただこうと思っていた為、
ゴンゾさんから「ゲスト声優さんのご希望はありませんか?」と
聞かれた折には長いこと「特にありません」とお答えしていました。
唯一の例外が小野さんで、ご縁もありお願いしておりました)

 

 (後に改めて女性声優の方でのご希望は・・・、と幾度か聞かれまして、
ゴンゾさんに幾方かお伝えしたのですが、2017年冬期作品は多く、
そして録りのタイミング的に難しく無理でした。そこで改めて
アキバファンの方が喜ぶ方はいかがでしょうとお伝えしました。
ここはまた後日に)

 

 カードによって古代ローマや古代中国も決まっていたのですねえと
思いつつ、トランプさんとヒラリーさんが出てきて驚いたのですが、
本読みしていた時期は、どちらかと言えばまだヒラリーさんが優位と
言われていた、共和・民主両党が候補を決める直前で、誰が候補に
なるかはわからなかった時期だったのです。

 

 (共和党がトランプさんにならなかったら、トランプ≒切り札という
 ダブルミーニングもあったので、ちょっと絵的にも変わっていたかも
 しれませんね)

 

 さて、いつもの電マ自警団のアジト。ここまでが約55秒。小野さんに
長尺でお話しいただいた後に出てくるのは、いつになくお胸増量感を
感じる有紗。アバンがいつもより長く感じるのは小野さんの重厚感のある
声ゆえですかね。それとも有紗の胸ゆえか。

 

 有紗が始めたのは、そのカードゲームこと「バトルクリーチャー」の
開封の儀実況。アキバニが今年放映だったら、バーチャルYouTuber
アリサになって出演していたのかも。

 

 この「バトクリ」、マジックザギャザリングさんや遊戯王さんのように
パックのシリーズ名称があるようで、エボリューションオブナードの
シリーズ名ネーミングセンスに凄さを感じるような感じないような。

 

(「Evolution Of Nerd」を直訳すると、「オタクの進化」という、
なんだか身も蓋も無いシリーズ名になるのですが、
もう少し丁寧にしてみると、「オタクの展開発展」となります。
頭文字の「EON」は計り知れない幾年月、即ち「永遠」を
意味し、「オタクは永遠に広がる」という願いが込められて
いるようです。アニメスタッフさんのこういう細部へのこだわりには
楽しんで遊んで作ってることがわかっていても感服してしまいます)

 

 パッケージ絵を見ると、サイリウムを持ったナード(オタク)を
除くと、背景になんとなくビッグサイトさんに見える建物が。
そして、最上階屋上にのっているのは、マジシャンガールに
見えなくもないですが、コミケさんの昔からあるあのマークに
似ているような。

 

 (コミケットのあのマークまでネタにしたとわかった方は
 どれくらいいらっしゃるのかしら。今はComiketのCを
 大きくしたマークの方が有名ですよね)

 

 3箱開けてほぼ爆死で、有紗が文字通り仰向けで爆死している
ところに帰ってくるタモツ。開封済みパック袋に紛れて残っていた
1パックを開けると、長物サイリウム・静かなる無職
・準備会スタッフのカードが見えて、芸が細かいなあと感心したり。

 

 実は、第9話の細かい部分の話をゴンゾの現場の制作さんと
つめている時に、カードのテキストの部分は確認用にまわって
きました。その時は絵がなかったのでイメージが湧きにくかった
のですが、絵があると、やはり、わかりやすい。

 

 (「静かなる無職」のネコと「準備会スタッフ」のハッピに癒される
というかクスっと笑ってしまうのですが、スタッフはハッピ着て
たっけ?と思いつつ、「ハッピー・ナード」と同じのかと思ったり)

 

 なんか、BGMがどこかで聞いたことありそうな曲に変わって、
絵もとあるアニメで見たことありそうな髪とか襟とかに変わって、
どうしたん?と思ったら、有紗がどこかで聞いたことありそうな
高まりのある声で「タモツーっ!」と言い出し始める始末。

 

 そして、小野さんの長尺ナレーションが再び来た!と思ったら、
即カットw。また、声優さんの無駄遣いしてますです。アキバニ。

 

<Aパート>

 

 オープニングが終わると、たぶんここは「シャッツキステ」さん
ではないかしらと思うところからスタート。タモツがバトクリの
デッキ構築にご執心のところをかげさんが向かいに。

 

 シャッツキステさんでは、このようなカードゲームからアナログの
ボードゲームまでを取り扱うボードゲーム部をメイドのレイラさんが
部長として行っています。詳しくはこちらを見てみてください。

 

 「シャッツキステ 部活動」 http://schatz-kiste.net/event/club.html

 

 シャッツキステさんのテーブルにカードを広げ、少々昔話に
興じるタモツ。ここでルール環境が激変という話が出てきますが、
先ほどのトランプさんの話ではないですが、本読みは既に夏に
終わっていて、カードのテキストチェックを秋に済ませていた
状況なので、第9話オンエア3月1日の1週間前、2月21日に
現実世界で「環境が激変」となってしまって、正直とんでもなく
怖いことが起きているのか・・・、と思いました。

 

 そして、手前のテーブルから中央通り自警団の水道橋の怒鳴り
声が聞こえてきますが、かげさんは「若いうちはよくあるんだよねえ」
と妙に大人なリアクション。さっきまで、禁止カードで非公式戦ばかりを
戦い抜いてきた、と言い切る猛者ゆえの言葉なのか。

 

 更に右隣の末広町交差点側のテーブルでは、別の自警団が
似たような女の子を巡る内紛が勃発。

 

 また左隣の妻恋坂交差点側のテーブルでは、鉄道系の自警団が
鉄道ファンな感じの女の子を巡る争いに。

 

 その手前の蔵前橋通り側のテーブルでは、ネトゲ系の自警団が
ネトゲプレイヤーな感じの女の子を巡る争いに。

 

 このシーンのゲスト女性声優さんは出演順に、
みうみう CV:三森すずこさん
こにたん CV:徳井青空さん
テツ子 CV:橘田いずみさん
セイクリッド・エンジェル CV:佐々木未来さん
のご四方です。

 

 1分45秒程の尺のシーンなのですが、どの方もほぼ三言四言で、
多くは各自警団が喋っているという状況。
またまた、声優さんの無駄遣いしているのは間違いないです。

 

 秋葉原界隈で、鉄道系と言うと、ライトクリエートさんがされている
「鉄道居酒屋LittleTGV」さんが有名ですね。実際の電車の座席が
居酒屋さんの座席になっていてそれだけでも驚くお店です。

 

「Little TGV」 http://www.littletgv.com/

 

 第6話に一瞬だけ出てきた交通博物館は2006年に既に無く、
今は大宮にある扱う領域が鉄道メインになった鉄道博物館に
行かないといけませんが、秋葉原自体は伝統ある交通の要衝、
今でも鉄道系を扱っているお店も多いので探してみてください。

 

 (IMONさんやグリーンマックスさんやポポンデッタさん等
 専門店も多く、ホビー総合店も入れると20以上あります)

 

 (交通博物館のある世界線というと、「RAIL WARS!」さんが
 ありますね。こちらも第6話で出ていらしたような気がします
 アニメ「RAIL WARS!」 http://www.tbs.co.jp/anime/railwars/

 

 場所は自警団アジトに戻って、タモツの報告を聞く
電マメンバーたち。マヨが各自警団の根性無しを言い切る前に
にわかが底抜けの明るい声で「サークラってやつだよ!」と。
タモツじゃなくても「いつの間にそんな知らなくてもいいことを」と
言いたくなるくらい、なぜ知っている!?と突っ込みたくw。

 

クラマスTV後の有紗のコメも何気に胸やお腹に突き刺さります。
「女の子の扱いになれていないボーイズはちょっと気のある
そぶりを見せられただけで舞い上がっちゃうから、
手に負えないのかもしれませんねえ」
それはある意味テロですってば、有紗さん・・・。

 

 どこから出てくるんですか博士?と言いたくなる机下から、
博士が出てきて、謎のチラシをテーブルに。
博士仮眠中だったんでしょうか、としか言えない位置取り。
もしかして、アジトには更に地下があるんでしょうかね?

 

 有紗が「オタクビジネスの闇を垣間見た思いがするねー」って、
さきほどのコメとあわせて、今回の有紗は容赦が無いです。

 

 サークラの会社(この言い方もどうかと思いますが)に
行ってみたら、元居酒屋ゴンちゃんのビルw。
怪しいは怪しいけど、強制退去させてたんだ的な感慨。
それとも、オーナーは一緒で、ってオーナー自体が
バグリモノだったんじゃないかと、今思えば感。

 

 サークラ会社についたら「ようこそ、プリンセス
カンパニーへ」なんて、浮かび上がっちゃうような
大勢の声でのお迎えでしたが、実はこの手のアニメでは
幾度かありそうなこのシチュエーション、本作では
なんと1回のみでしたw(確か他は混声のはず)。

 

 (本作女性声優さんでのコール合唱1回とは勿体なす)
 (男性声優さんメインのコール合唱は幾度もあるのにw)

 

 札束風呂にブランデーグラスなワイン、そして両脇に美女。
立ち上がったのは、サークラ会社の政田池輝社長。
CVは小野大輔さんです。

 

 バトル(物理)は社長が圧勝、マヨはバットとスカートが
コマギレにされ、声にならない声をあげへたり込み。

 

 社長はバトル(カード/バトクリ)がご所望のようで、
間髪入れずにタモツが名乗りを上げます。
しかし、髪の毛や襟が巨大化&尖っていて、左腕には
謎のディスクが・・・(Bパートに続く)。

 

<Bパート>

 

 Bパートの前にもナレーションが入ります。
勿論、小野さんの美声で45秒近く。
なんとかBパートに間に合った方にも優しい構成と言えばいいのか。

 

 (アバンの部分もそうですし、Bパートナレもそうなのですが、
 オンエアよりも少し長く話していただいています。
 中田さんの時のようにセルフエコーまでもしていただきました)

 

 場所は打って変わって、第5話格闘ゲーム回にも
出てきた秋葉原UDXさんみたいなところなんでしょうか?
いや、そうでもないような?

 

 さっそく、デュエ・・・いやバトクリの開始。
「今は先行ドローは無↑い↓よ」というところはツボに入って
初見時、お腹(腹筋)が痛くなってうずくまってしまいました。

 

 (私はこのタイプのカードゲームはマジックザギャザリングの
 リヴァイスドから組だったので、今話辛うじてついていけました)

 

 ブライトアイズイケメンが出てきたときに少々謎だったのが、
「デッキから取り巻きガールを好きなだけ召喚できる」というもの。
自動的に出てきてくれているけれど・・・。

 

 さて、戦いはハッピーナード攻撃力700 vs ブライトアイズ
イケメン攻撃力2500 → ハッピーナードx3化2100が
王様ゲーム効果により、700 vs 取り巻き3体への対峙に変化 →
準備会スタッフ効果で社長の伏せカードフルオープン、
隠れ巨乳のバスト効果でハッピーナードは隠れ巨乳にロック →
タモツは強欲なガチャで手札を3枚補充し、社長は
イケメンに限る効果でブライトアイズが3000に上昇する →
(中略:無効の無効の応酬&もうひとつの効果) →
社長、童貞を殺す服の効果でハッピーナードすべてを墓地へ →
アレ、いつの間にか手番が変わってる?
いや、ターンエンドを言ってないからよくわからないだけか?

 

 そんなこんなで、タモツを守るクリーチャーはフィールドから
無くなり、ブライトアイズの直接攻撃がタモツを襲う。

 

 やったか?、そして、なん、だと?は、超名ゼリフなので、
それは他の方の解説にお任せするとして、当時ひとつ現場で
指摘しそこなったのを思い出したので記しておきます
(当時も却下された可能性はありそうなのだけど)。

 

 「なん、だと?」の後に特急料金のくだりが出てくるのですが、
特急入稿料金か特急入稿がたぶん正しいんでしょうね。

 

ただ、その時は小野さんと石谷さんの演技に飲み込まれて
気が付かなかった気がします。

 

 「・・・自分のライフを100にして、相手の攻撃を無効にする
『特急入稿/特急入稿料金』を発動していたのさ!」この方が
より笑える感じだったかもしれませんが、どうかしら。

 

 さて、この後はバトルのクライマックスなので本編をまま
見ていただくこととして、ピュアネスウィザードはやっぱり
実際のカードゲームだと召喚成功出現確定までの間に
叩かないと終わってしまうカードなんでしょうかね。
マジックザギャザリングさんで言えば、緑の窒息系のような。

 

 シャッツキステに場面は再び移り、昌平が謝って、
雨降って地固まる感に。鉄道系やネトゲ系の自警団も仲直りして
無事大団円というか元のさやに。

 

この時の他の自警団たちには、もっと活躍させたかったし、
もっと他の自警団も出したかったなと、兵頭さんが仰って
いたのを覚えています。

 

 そういえば、まだこの時点では水道橋の性別は何気に
不明だったりするんですよね。

 

<エンディング>
 第9話のエンディング曲は、
桃井はるこさんの「セカイじゅうのAKIHABARAで」。

 

 この曲もキングさんのAKIBA’S COLLECTIONから
TV90秒バージョンがYoutubeで公開されていますので、
ぜひ聞いてください!

 

「セカイじゅうのAKIHABARAで」/桃井はるこ
AKIBA’S TRIP -ANIMATION- 90Sec. Ver.

 

 

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION- ウェブサイト
http://akibastrip-anime.com/

 

アニメEDコンピレーションアルバム
「 AKIBA’S COLLECTION 」 特別ウェブ
http://akibas-collection.com/

 

AKIBA’S TRIPシリーズポータルサイト
http://akbstrip.jp/portal/

 

黒子

マンガやアニメやゲーム、雑誌や書籍の雑用やお手伝いな人。

このたびアキバアニメの雑用やお手伝いも担当。フォトなども。

MTGリヴァイスドは英語だったので第4版出るまで大変でした。